トップ  >  【3/15 削除予定】ベース

【3/15 削除予定】ベース

【3/15 削除予定】ベース

空間に優しくなじむマットな質感の「コリエ」、美しいカッティングが光を反射し、さりげなくクラスアップしてくれる「ボストン」、
和室にもマッチする黒×茶が特徴的な「マニファクチャー」など、あなたの暮らしに寄り添うベースがきっと見つかるはず。


生けた後も成長し、動きのでるチューリップには、背の高く口が狭いベースがおすすめ。
ころんとかわいらしいチューリップとコリエのフォルムがマッチします。
チューリップの特徴は何といっても豊かな表情。温度によって花びらを開閉し、茎がどんどん伸び、品種によっては垂れ下がっていくものもあります。
毎日飽きない表情を見せてくれるチューリップは、茎が柔らかいため、水は多く入れ過ぎないように注意を払い、こまめに水を替えるのが長持ちさせるポイントです。
チューリップの花言葉:思いやり など



お花の部分が大きなラナンキュラスは、自分の重みで折れてしまわないよう、背の高いベースがおすすめ。
ボストンの美しいカッティングと、ラナンキュラスの華やかさも相性ピッタリです。
ラナンキュラスは、薄く儚い透き通るような花びらが幾重にも重なる愛くるしい花。選ぶのが大変なほど、種類や色が豊富です。
花の長さを変えず、揃えて生けるとブーケのような華やかさを楽しむことができます。また茎が一晩でのび、お花がどんどん大きく開いていくため、ゆとりをもってシンプルに生けて、毎日の変化を楽しむのも素敵です。
ラナンキュラスの花言葉:とても魅力的・晴れやかな魅力 など



カラーバリエーションが豊富で一輪でもインパクトのあるアネモネには、シンプルな「コリエ スモール」がおすすめ。
ベースの口が狭いので、生けるお花が少なくても安定してくれます。
アネモネは、花びらにみえるガクと花芯が全く異なる色のため、少しミステリアスな雰囲気もある印象深い花。光と温度に反応し開閉する特徴があり、日の当たらない涼しい場所に飾るのがお勧めです。
茎が空洞で腐りやすいため、ベースの中の水は少なめにして、水をこまめに替えるのが長持ちの秘訣です。
アネモネの花言葉:はかない恋 など



枝にたくさんの黄色い花を咲かせるミモザは、水がたっぷり入り安定感のあるベースがおすすめ。
「マニファクチャー スワール」とミモザの組み合わせは、和室にもマッチします。
春の訪れを告げてくれるミモザは、黄色のふわっとした羽毛のような花はもちろん、甘く優しい香りも楽しみのひとつです。
水落ちしやすい花のため、ベースにはたっぷりの水を入れて生けましょう。ドライフラワーにすると一年中楽しむことができますよ。
ミモザの花言葉:感謝・友情 など



可憐で小さな花を咲かせるすずらんには、小さめのベースがおすすめ。
「マニファクチャー スワールS」とすずらんのフォルムがリンクし、かわいらしくまとめることができます。
フランスでは、5月1日に愛する人に贈る習慣があるすずらん。
春を祝福する幸せの象徴と言われ、一枝に13輪の花がついていると更に幸せになれるとか。とてもデリケートな花のため、涼しく日の当たらない場所に飾り、毎日お水を替えて長持ちさせて楽しみたいお花です。
すずらんの花言葉:再び幸せが訪れる・純粋 など



ブライダルシーンでもよく使われるエレガントなユリには、高さ約30cmの大きな「メトロシックベース」がおすすめ。
茎が長く花に重みが出るため、高さがあり安定感のあるベースで、ダイナミックに生けるのが新鮮です。
高価な印象が強いゆりは、花持ちが良く手入れが楽で、豊かな香りも楽しめるお勧めの花材。水が腐りにくいため、どんどん気温が上がるこれからの季節でも2日に一度の水替えで十分長く楽しめます。
花粉にだけは要注意。花が開きかけた時に、花びらに傷がつかないようにピンセットなどでつまんで取り除くと、花びらやまわりを汚さず安心です。
ユリの花言葉:純潔・無垢 など



Recently Viewed